【3分豆知識】人間の血管を全て繋げると地球2周半の長さになる!

話したくなる雑学

人ってすごいですよね!

脳の使われ方や筋肉の使い方などまだまだ分かっていないことがたくさんあります!

以前に、「脳の可能性」、「すごい力が出せる!?」についてまとめた雑学もあるので興味のある方は飛んでみてください(/・ω・)/

スポンサーリンク

長い長い血管

結論から言うと、人ひとりの血管をつなぎ合わせると、

なんと!

地球2周半の長さになります!

この長さは約10万kmです。
すごい長さですね!

骨と筋肉を抜けば体の80%が血管でできています

ビックリ(´゚д゚`)

実際に大動脈では毎秒1mの速さで血液が流れています!
身長170センチとしてもかなり小さな体の中を1秒数える間に1mも血液が移動していると考えると不思議ですね!

血液は絶え間なく、流れ続けており体の健康に直結しています!
そのため、血液の健康が体の健康となり、良い食生活から血流を良くしていくことが大事です!

血の巡りに良い食べ物

血流をよくすることが体を健康にする!
ということで健康食品を知りたくありませんか?

ここで血の巡りに良い食べ物を軽く紹介しておきます!

梅干し・柑橘類(クエン酸)

クエン酸は、すっぱいと感じる酸味成分で疲労回復に効果があります。

そのほかにも、血液の酸化を抑えて血流をよくする効果もあります。

イワシ・サンマなどの青魚(EPA)

青魚に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)は、血栓をできにくくし、脂質異常症を予防したりするため、血液がさらさらになる効果があります。

赤ワイン・緑茶、ココア(ポリフェノール)

コレステロールの酸化を防ぐ効果があります。コレステロールが酸化すると血管の中がゴミだらけになり、血流が悪くなります。

昆布・わかめ(アルギン酸)

アルギン酸はぬめりの成分であり、コレステロールの吸収を抑制し、体の外へ出す働きを持つ食物繊維です。
海藻類は、血糖値の上昇を抑えたり新陳代謝を活発にする効果もあります。

フルーツ・カボチャなど(ビタミンC・ビタミンE)

ビタミンの中でも強い抗酸化作用を持ち、動脈硬化を予防してくれます。

スポンサーリンク

人の体の構成要素

人の体は骨、筋肉、脂肪、、、、などでできていることは皆さんご存じだと思います。

これらを形成している元素はご存じでしょうか?

実は、人は小中学生でも買えちゃう成分でできているんです!

みきまる
みきまる

鋼の錬金術師で観たことがあるよ!

人の構成要素
  • 酸素(65%)
  • 炭素(18%)
  • 水素(10%)
  • 窒素(3%)
  • カルシウム(1.5%)
  • リン(1%)
  • 鉄や塩素などのその他(1.5%)

実際、人は安い材料でできています!

しかし、神経や筋肉、骨、血管が複雑に働きあって人は動き生活しています。

すごいですよね(>_<)調べながらも感動してしまいました””

まだまだ未知の能力が人にはあるかもしれない、と期待が高まります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました