2019年12月より【運転中のながらスマホ】の罰則強化一覧!

ツバキのニュース速報
ツバキ
ツバキ

始まりましたニュース速報担当のツバキです!
今回は、2019年12月1日から罰則が厳しくなった、ながらスマホについてのニュースです。

最近テレビやニュースでよく放送されている、ながらスマホの罰則強化。

皆さんは大丈夫ですか?これを読んでくれている方の中には、している人はいないと思いますが危ないので絶対にやめましょうね!

今までよりかなり罰則が重くなっているので、これを機に覚えておいてください!

スポンサーリンク

ながらスマホの罰則強化一覧

違反点数保持交通の危険
改正前1点2点
改正後3点6点

保持とは、運転中に携帯電話で通話や画面を注視すること。

交通の危険とは、携帯電話の通話や画面注視により交通事故を生じさせること。

違反点数は、保持で1→3、交通の危険で3→6に強化されました。
違反点数6点で免停なので、保持で2回交通の危険で1回で免停となります。

罰則保持交通の危険
改正前5万以下の罰金3か月以下の懲役または5万以下の罰金
改正後6か月以下の懲役または10万以下の罰金1年以下の懲役または30万以下の罰金

改正後、保持でも懲役の場合があります。
懲役は刑事施設に収監し、刑務作業を行わせる刑で、自由を奪うことから自由刑とされています。

反則金・保持原付二輪車普通車大型車
改正前5,000円6,000円6,000円7,000円
改正後12,000円15,000円18,000円25,000円
反則金・交通の危険原付二輪車普通車大型車
改正前6,000円7,000円9,000円12,000円
改正後対象外対象外対象外対象外

保持の1回目は、反則金を払えば罰則は大丈夫だが、何回も繰り返すと罰則の6か月以下の懲役または10万以下の罰金を受ける可能性がある。
交通の危険の場合は、直ちに刑事手続きの対象となり、罰則を受ける。

違反にならない使い方

「2秒画面を見続ける」と違反となるらしいですが、2秒も危険なのでやめましょう!

車が停止中は大丈夫らしいです!しかし、大丈夫だからと言って赤信号中に触るのは危険です!

ハンズフリーでの通話は違反にならないといわれていますが、意識が散漫して運転の集中力が低下するためやめた方がいいです!

ながらスマホ【まとめ】

違反になる・ならないを説明しましたが、運転中に使うと必ず意識が散漫するため、ちゃんと停止して動かない状態の時に使いましょう!

運転中に保持したり、2秒以上画面を見続けるとつかまり、2回つかまると免停になります!
なので、ながらスマホをやめましょうというのはおかしな話ですが、危険な行為なのでこの罰則の重さを理解してもらいたいです。

ツバキ
ツバキ

以上でニュース速報を終わります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました