【3分豆知識】写真投稿の危険性・高画質写真でばれる個人情報とは!

話したくなる雑学

InstagramTwitterをしている人は多くいると思います。
よく自撮りを載せたりしていませんか?

もしかすると、そこから個人情報が流出してしまうことがあるんです!

友達しかフォローしていなくても、その友達が悪気なく画像を流出してしまうこともあります。

現在の写真はかなり精度が良くなっていて綺麗に取れますよね!
しかし、そのせいでより一層意識して、個人情報が出回らないように気を付けなければいけません!

みきまる
みきまる

今はネットでいろんな人がつながっているから、情報が洩れたらすぐに広まっちゃうよね!

スポンサーリンク

高画質写真でばれる情報

細かいところまで鮮明に映し出す高画質写真。

意識して気を付けている人は少ないと思います。
僕もそうでした(>_<)

では、詳しくどのような情報が洩れてしまうのでしょうか。

  • 場所の位置情報
  • 指の指紋
  • 人間関係

大きく分けて3つを挙げました。
詳しく見ていきましょう!

位置情報の漏洩

写真をSNSに挙げる人は、たくさんいると思います。いろんな人からイイねをもらったりするのは、認めてもらっていると感じて、うれしいと思います。

ですが、気を付けなければいけないことがあります。

高画質の写真では、瞳に映った情報から位置を特定されることがあります!
これは怖いですね(>_<)
実際、ニュースにもなっています。

瞳に映った風景

また、知らず知らずGPS機能を使って写真に位置情報を記録している場合も危険です。
デジタルカメラでも写真画像に情報(Exif情報)が付与されていて、特定のソフトウェアを使うと簡単に位置情報、撮影日などの情報が確認できてしまいます。

少し映った風景からでも位置がばれることがあるため、気を付けましょう!

気を付けること
  • 家の周りで撮った写真を挙げない
  • 家で撮るときはGPS機能を確認する
  • SNSに挙げるときは少し画質を下げる

指の指紋情報の漏洩

指の指紋が盗まれることがあります。

実際に2000万画素以上で撮れるカメラで手を撮影すると、撮った写真から指紋を抜き取ることが可能です。全体写真だと8000万画素で指紋がばれてしまいます。

身近なものとしては、スマートフォンの指紋認証が思いつくと思います。
スマートフォンは本体が盗まれない限り大丈夫じゃん、と思っている人もいるでしょう。
ですが、銀行のATMでも使われており、今後たくさんの場所で指紋認証が使われると考えられます。一度盗まれると、自分の指紋を変えることはできないため、大変なことになります。

なので、カメラに向かってピースしたり手の平を見せたりすることは控えた方が良いかもしれません。

人間関係情報の漏洩

こんなことってありませんか?

男友達の撮った写真と女の子友達の撮った写真がSNSで回ってきて、顔は映っていないけど場所と時間で一緒にいたんだな~とわかるとき。

本人は気づくようにしているかもしれませんけどね、

もしそれが、気づいてほしくない上司や会社の人だったら嫌ですよね。

もう一つ例を出すと、同期で飲み会をしているときに撮った写真を挙げた場合、自分は上司や会社の人をフォローしていないから上司の愚痴と一緒にSNSに挙げたとします。しかし、一緒に飲んでいる同期の一人が上司をフォローしており、そこから拡散されるということがあります。

怖いですね(笑)でも、割とこのような危険は、考えておかないとやってしまうことが多いと思います。

画像処理技術の脅威

上で挙げた危険性は、カメラが高性能になったことと、もう一つ、画像処理技術の向上が原因となります。

見られたくないところにモザイクをかけてSNSにアップしたりしていませんか?
そのモザイクは消すことができてしまうんです!
現在GoogleがAIを用いてモザイクや不鮮明な画像を鮮明な画像にする研究をしています。
これは、監視カメラを鮮明にして防犯強化のために開発されています。
ですが、モザイクも鮮明な画像にできてしまうので、将来手軽に鮮明な画像を作ることができるかもしれませんね!

フリーソフトでもモザイクけしがあるので、モザイクをかけているから安全だと思わない方が良いです。

まとめ

今の時代はスマートフォンでも、一眼レフカメラのような写真が撮れてしまい、写真を楽しみやすくなってきました。
しかし、その裏では個人情報が漏洩しやすくなってきています。
今回挙げた危険性を覚えておくことが大事だと思います。

便利で使いやすい技術がたくさん出てくる中、それを安全に使いこなすには、人々も勉強する必要があります
技術の力だけに頼らず、その技術を理解することで本当に使いこなしているといえると僕は思います。

これからいろいろな技術がでて、便利な世の中になっていくと思いますが、その技術に振り回されず、しっかりと使いこなしていけるようになりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました