【3分雑学】歯医者の数とコンビニの数どっちが多い?多い理由を探す3つの比較

話したくなる雑学
ツバキ
ツバキ

この2つの話は聞いたことがあるんじゃないかな?

今回は、この2つとは別のものとも軒数を比較してみるよ!

スポンサーリンク

歯医者とコンビニの数実際は?

結論は、歯医者のほうが多い。
歯医者の数は約6万8千軒、コンビニの数は約5万5千軒になる。(2018年時点)

そもそも、コンビニが歯医者の軒数を抜いたことは今までないんです!

ミクロ
ミクロ

そうなんだ!
昔から歯医者のほうが多かったんだね!

この内容が良く雑学や問題でよく出る理由は、人の潜在意識によるものだと考えられます。

毎日生活するうえで、利用することが多いのは歯医者とコンビニどちらですか?
たくさん利用するほうが目につきやすく、数が多いと感じると思います。

ミクロ
ミクロ

歯医者は月に一回もいかない人もいるかもしれないからね!

また、歯医者の場合、家から近い特定の歯医者に通ようことが多いと思います。なので、コンビニのように、いろんな場所で利用していない分、数が少ないと感じることが多いです。

歯医者がコンビニより多い理由

では、なぜ歯医者のほうがコンビニより多いのでしょうか?

一つずつ要点をまとめて考えていきましょう。

開業資金の比較

まずは開業資金を比較してみましょう!

歯科医院最低5000万円

コンビニ(セブンイレブン)400万円~600万円

ミクロ
ミクロ

見てみると圧倒的に歯科医院のほうが開業資金が高いね!

この比較だと、コンビニのほうが立てやすく、軒数が多くなりそうですね。

しかし、実際開業するときは銀行からの融資をもらって行うので、歯医者の場合1000万円ほどで開業はできます。

では、ほかの要因も見ていきましょう!

売り上げの比較

開業資金とは別に、売り上げも大きな要因となります。

歯医者の売り上げ年商平均4000万円~4500万円(最も多いのは3000万円~3500万円)

コンビニの売上1日平均40万~60万円1年で平均14600万円~21900万円

売り上げもコンビニのほうがはるかに多いですね!

ミクロ
ミクロ

じゃあ、コンビニのほうが安く建てられて、売り上げも多いから数が多くなりそうなのになぜ歯医者より少ないんだろう?

ツバキ
ツバキ

それは次の説明で明らかになると思うよ!

利益の比較

上では売り上げを比較しました。

売り上げとは、単純に商品が売れた金額を指します。
歯医者の場合診察料の合計、コンビニの場合商品の売れた金額の合計と考えてください。

ここで比較する利益とはこの売り上げから、経費を引いたものです。経費はその商品の原価や機材費などがあります。

そこで比較する数値は粗利率です。
粗利とは、売上高から売上原価を引いたもので、提供した付加価値の大きさと考えることができます!
例えばコンビニの場合、売上高から商品の仕入れ費用を引いたものです。
ただし、粗利では人件費や広告費、家賃などを考慮していません。

では、2つの比較をしていきましょう!

歯医者の利益粗利率80%

コンビニの利益粗利率30%

売上高粗利率を掛けると、荒利益(経費などを考えない利益)が出てきます。
これを見ると歯医者のほうがかなり粗利率が高く、売上の多くが利益になっています!

ここで、上で比較した売り上げと掛け合わせてみましょう。

歯医者:(4000~4500万円)×0.8(80%)=3200~3600万円

コンビニ:(14600~21900万円)×0.3(30%)=4380~6570万円

こう見ると差は少なくなりますが、やはりコンビニのほうが荒利益は高そうです。
しかしあと一つ大きな要因があります。それは、コンビニにあるロイヤリティというものです。

ロイヤリティとは、コンビニ企業(ローソンやセブンイレブン)のブランドやサービスを利用するときに支払う対価です。このロイヤリティは企業ごとに決まっていてセブンイレブンの場合だとロイヤリティ率は43%となっています。
なので利益の43%を親会社に支払わなければなりません。

なので実質コンビニの売り上げは
(4380~6570)×(1-0.43)=2496~3744万円となります。

ツバキ
ツバキ

このロイヤリティがかなり高いね!

歯医者の場合初期費用は高いけど、そのあとは利益が出やすいね

歯医者とコンビニの数の原因まとめ

これまで比較した内容をまとめると

  • 歯医者は初期費用が高く、利益率が高い。
  • コンビニは、初期費用が安く、利益率が低い。ロイヤリティーとして親会社に払う量が多い。
ミクロ
ミクロ

これまでを考えると、歯医者のほうが軌道に乗るとかなり儲けることができて自立できそうだね!

ツバキ
ツバキ

コンビニだと商品の仕入れをずっとしていかないといけないけど、歯医者だと機材は初期費用だから、後から追加する分が少なくて利益につながりやすいんだね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました